KINGJIMのシゴト全紹介

電子文具開発部/ステーショナリー開発部

「開発型企業」の根幹を支えるシゴトです。

当社の開発部門は、テプラ・ポメラなどの電子文具の開発を担当する電子文具開発部と、ファイルやバインダーなどの情報整理用品を担当するステーショナリー開発部の2つの部に分かれています。

商品が企画されてから世に出るまで、すべての工程に携わる。

当社の商品開発業務は、商品の企画や開発・設計などはもちろん、量産試作に至るまでのスケジュール管理や予算管理、またパッケージや配送用ダンボール・取扱説明書の作成まで、ひとつの商品が形となり、お客様に届くまでの全工程を担当します。ですから、何よりもフットワークが重要。自分の担当している商品が市場に出るまでの課題や問題は、すべて自分で解決していかなければなりません。社内の関係部署や外部ブレーンを巻き込み、時には海外の工場へ飛んで行き、問題を解決しなければならないことも多いのです。しかし、それだけに担当した商品が発売されて店頭に並んでいる姿を見たときの感動は、大きいです。

社員から仕事のやりがい・喜びについて一言

電子文具開発部
デジタルプロダクツ課 社員

<市場に目を向け、自分色を出しながら具現化する喜び>
当社の開発業務は、製品の立案からから発売されるまでプロジェクトリーダーとして担当します。最初から最後まで携われるため、自分の思いを具現化できることが、私自身やりがいにつながっています。また製品が発売日を迎え、販売店様での取り扱いが始まり、展開されている売り場を見たときにはやはり喜びを感じます。この瞬間、開発工程の中での苦労を忘れてしまうくらいうれしい瞬間です。また、より販売数を増やしていくために、発売後に営業から上がってくる販売実績報告をなるべく収集し、他ユーザー様に対して水平展開できないか?購入事例的にほかの業界であればこのような使い方ができるのではないか?などをさらに検証、提案を営業に伝えることで、さらに販売数が増えていく喜びも感じられます。

  • 写真をクリックすると、より詳しい社員紹介をご覧いただけます。
ステーショナリー開発部
ステーショナリー課 社員

やはり、自分の企画した商品が店頭に並んでいるのを見ると、達成感で一杯になります。特に、私は入社してから6年間営業に所属していた為、自分の担当していたお得意先様の店頭に陳列されているのを発見した時はひとしおです。お店で手に取っていただいているお客様を見つけた時は、レジに持って行かれるまでずーっと観察してしまう事もありました。笑
また、最近はSNSでも商品についてコメントされているユーザー様がいらっしゃるので、購入後の満足感などのお声を見かけた時も、より嬉しく、次の製品も一生懸命作ろうと思う励みになりますね。もちろん、不満のお声もゼロではないので、そうした書き込みも、次の製品に生かせる糧になっています。

  • 写真をクリックすると、より詳しい社員紹介をご覧いただけます。
採用に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
株式会社キングジム 人事部 採用担当
受付時間:9:00~17:30(土日祝日を除く)
〒101-0031 東京都千代田区東神田2-10-18
メールでのお問い合わせ
  • 携帯電話メールアドレスからのお問い合わせ等で受信側の設定により上記アドレスからの返信が受け取れない事例が増えております。上記アドレスを受信できるよう設定の上、お送りください。