無線LANでスマートフォンと"つながる"デジタル時計、音声で操作が可能に!

スマートプログラムアラーム「リンクタイム」がGoogleアシスタントに対応

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、無線LANでスマートフォンとつながるデジタル時計、スマートプログラムアラーム「リンクタイム」LT10によるGoogleアシスタントへの対応を、2019年2月25日(月)より開始します。対応後はGoogle Homeなどのスマート端末を介して、音声でアラームの設定や停止が可能になります。

スマートプログラムアラーム「リンクタイム」

スマートプログラムアラーム「リンクタイム」は2018年10月26日(金)発売の、無線LANを通じて場所を問わず手軽にアラームを設定でき、音声で予定をお知らせするデジタル時計です。寝室やリビングなどに設置し、離れた場所からスマートフォンの専用アプリやPC向けの専用WEBページを使ってアラームを設定できます。

今回、「リンクタイム」とGoogle アシスタントが連携することで、Google Homeなどのスマート端末に話しかけるだけでアラームの設定や停止などの操作が可能になります。また、Google Homeなどのスマートスピーカーがない場合でも、スマートフォンのGoogleアシスタントアプリと連携すれば、音声で「リンクタイム」を操作できます。

また、今後はAmazon社の音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」へ対応予定です。

Googleアシスタント対応製品

製品名・品番 スマートプログラムアラーム「リンクタイム」 LT10
価格 ¥13,200+消費税
Googleアシスタント対応日 2019年2月25日(月)

Googleアシスタント対応でできること

音声でアラームの設定が可能に

「リンクタイム」とGooleアシスタントを連携すると、Google Homeなどのスマート端末に話しかけるだけでアラームの設定や停止、スキップができます。スマートフォンを操作せずにハンズフリーで使用できるため、朝の忙しい時間や料理中の手が離せない場面など、さまざまなシーンで活用できます。

  • Googleアシスタントとの連携には「Google Home」アプリおよび「Google アシスタント」アプリのインストール、および「リンクタイム」でのログインが必要です。