電子メモパッド「ブギーボード」シリーズに、シリーズ最大の画面サイズが登場!

「Boogie Board(ブギーボード)」BB-11発売

~「半透明液晶」で、さらに書きやすく進化~

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、アメリカのKent Displays社が開発・販売している電子メモパッド「Boogie Board(以下、ブギーボード)」の新モデルとして、これまでのモデルの中で最大の画面サイズでシリーズ初の半透明液晶画面を採用した「Boogie Board」BB-11を、2018年8月3日(金)より販売します。

ブギーボードは、付属のスタイラス(描画用のペン)や爪などで、液晶画面に直接書き込みができる電子メモパッドです。紙に文字を書くような滑らかな書き心地が特長で、キングジムが2010年に輸入販売を開始して以来、個人・法人問わず好評をいただいています。

今回発売する「ブギーボード」BB-11は、液晶部分が279×216mmとこれまでのモデルの中で最も大きく、シリーズ初の半透明液晶画面を採用したモデルです。画面が半透明タイプのため、付属のテンプレートシートを下に敷いてガイドとして使用することが可能です。テンプレートシートは2種類(無地・罫線/ドット・方眼)で、広々とした画面上でまるでノートにメモを取るように使用できます。
オフィスでの使用はもちろんのこと、下にイラストやオリジナルのテンプレートを敷くことで、お子様のお絵かきや文字の練習、スポーツでのコミュニケーションツールなど幅広い用途で使用できます。コイン型リチウム電池1個で、約5万回の書き換えが可能です。

キングジムでは、「Boogie Board」BB-11のラインアップ追加により、日本国内での更なる市場拡大を目指してまいります。

  • 「Boogie Board」は、Kent Displays社の登録商標です。

製品概要

製品名・
品番
「Boogie Board」BB-11
価格 ¥9,200+消費税
発売日 2018年8月3日(金)

製品特長

ワイドに書ける大画面モデル
ブギーボードシリーズの中でも最大の画面サイズで、一度により多くの情報を書き込むことができます。
シリーズ初の半透明液晶を採用
ブギーボードシリーズ初の半透明液晶画面を採用。付属のテンプレートシートを下に敷いてガイドとして使用したり、イラストや文字を敷いてトレースが可能です。また、用途に合わせてご自分でオリジナルのテンプレートを用意し、ご使用いただくこともできます。
不用意な消去を防ぐロック機能を搭載
上部のイレースロックボタンを右にスライドをすることで、不用意な消去を防ぐことが可能。また、ロック中でもメモを書き足すことができます。
電池交換が可能
コイン型リチウム電池1個で、約5万回の書き換えが可能。

<ブギーボードの主な共通特長>

ペーパーレスで環境にやさしい
紙を使用せず、上部のイレースボタンを押すだけで書いた内容を消去できます。
線の太さが変わる
筆圧によって線の太さが変わるので、細かい描画も可能。爪で書き込むこともできます。
オフィス、ご家庭、学校とさまざまなシーンで使用可能
オフィスでの電話メモやアイデアシートとしての使用、ご家庭での伝言メモやお子さまのお絵かきなど、さまざまなシーンで活用できます。

製品仕様

品名 「Boogie Board」
品番 BB-11
本体価格 ¥9,200+消費税
本体色
外形寸法 (W)231×(D)5×(H)328mm ※突起部除く
画面サイズ 13.8インチ(279×216mm)
消去回数 約5万回
電池交換 コイン型リチウム電池(CR2032)1個
質量 約273g
同梱品 スタイラス、テンプレートシート2枚