ラベルライター「テプラ」累計販売台数1,000万台突破

~ 誕生から30周年、東京・青山で記念イベント「テプラ」カフェを開催 ~

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)の主力商品であるラベルライター「テプラ」は、2018年9月に、累計販売台数1,000万台を突破しました。

「テプラ」1000万台 KIGJIM

ラベルライター「テプラ」は、1988年に国内初の漢字変換が可能なコンパクトなラベル作成機として開発され、今年で発売30周年を迎えます。
「テプラ」シリーズはこれまで、お客様のご要望や時代のニーズに合わせて基本性能の充実と新たな機能の追加を積極的に進め、これまでに90機種以上(現行ラインアップ16機種※1)を市場に投入してきました。その結果、「テプラ」はラベルライターのパイオニアとして信頼されるブランドに成長し、ラベルライターの代名詞となっています。また、現在では400種類※2を超える豊富なテープカートリッジのラインアップも、お客様の多彩なラベルづくりを支えています。
これからも「テプラ」はお客様のニーズを的確に捉え、ご期待に応えてまいります。

また、「テプラ」発売30周年および、累計販売台数1,000万台突破を記念したイベント「テプラ」カフェを、2018年10月29日(月)から11月4日(日)までの1週間、東京・青山の「ロイヤルガーデンカフェ青山」にて開催いたします。
期間中は、「テプラ」をイメージしたコラボメニューが楽しめる他、オリジナルグッズの販売や、最新の「テプラ」を体験できるコーナーなども設置予定です。

  1. ※1国内販売モデルの現行ラインアップ数
  2. ※2「テプラ」全シリーズの現行テープラインアップ数合計

「テプラ」ヒストリー

1988年 日本初の、漢字変換が可能なコンパクトなラベル作成機、「テプラ」TR55を発売
1992年 テープのランニングコストを抑えた「テプラ」PROシリーズの初号機、「テプラ」PRO SR606を発売
1993年 累計販売台数100万台を突破
1997年 36㎜幅のテープカートリッジが使用可能となった、「テプラ」PRO SR818を発売
2001年 パソコン接続が可能となった、「テプラ」PRO SR900を発売
2002年 初のパソコン接続専用機、「テプラ」PRO SR3500Pを発売
2003年 累計販売台数500万台を突破
2005年 点字ラベルも作成できるユニバーサルモデル、「テプラ」PRO SR6700Dを発売
2007年 中国市場向けに簡体字ラベルが作成できる、「テプラ」PRO SR530Cを発売
2010年 外国語ラベルの無料テンプレートサイト「テプラ外国語ラベル工房」サービス開始
2011年 100㎜幅の大きなラベルが作成できる「テプラ」Grand WR1000を発売
2012年 コンパクトでお手頃価格な「テプラ」Lite LR5を発売
2013年 女性をターゲットとしたガーリー「テプラ」(「テプラ」PRO SR-GL1)を発売
2015年 初のBluetooth®対応機種、「テプラ」PRO SR5500Pを発売
2018年 累計販売台数1,000万台を突破

「テプラ」カフェ概要

開催期間
2018年10月29日(月)~11月4日(日)
開催場所
ロイヤルガーデンカフェ青山 東京都港区北青山2-1-19
ロイヤルガーデンカフェMAP

営業時間
11:00~23:00 (初日は16時より営業)
内容
「テプラ」をイメージした店内装飾
期間限定コラボメニューの提供
最新の「テプラ」体験コーナー
オリジナルグッズ等の販売