集めたポストカードや写真などを収納しながら飾ることができる、箱型の額縁

「hacobuchi(ハコブチ)」発売

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、"日々をたのしむ"をテーマとした文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』の新しいラインアップとして、集めたポストカードや写真などを収納して飾ることができる、箱型の額縁「hacobuchi(ハコブチ)」を2018年10月5日(金)より発売します。初年度販売目標数量は5万個です。

hacobuchi(ハコブチ) KINGJIM

「hacobuchi(ハコブチ)」は、コレクションした紙製のアイテムをすっきりと保管しながら、お気に入りの1枚を額装して飾ることができる、収納箱と額縁が一体になった製品です。本体は引き出し状になっていて、集めた紙類を収納することができます。表面は額縁になっていて、お気に入りの1枚を飾ることができます。

付属のスタンドで縦・横に立てられるほか、背面の穴にひもを通して画鋲やフックなどで簡単に壁掛けにすることもできます。サイズはS、M、Lの3種類で、カラーはベージュ、グレー、ブラックの3色展開です。

キングジムは、「hacobuchi(ハコブチ)」の投入により、新たなユーザー層の獲得を目指してまいります。

製品概要

製品名 hacobuchi(ハコブチ)
発売日 2018年10月5日(金)
価格 Sサイズ 各¥750 +消費税
Mサイズ 各¥1,000 +消費税
Lサイズ 各¥1,350 +消費税

製品特長

収納と飾ることを両立させたデザイン
コレクションした紙製アイテムを本体の収納箱にまとめて収納できます。収納箱は引き出し状で、深さは約2cm程あるので、子どもの工作など少し厚みのある作品も収納可能です。額縁への差し替えも簡単なので、気分に合わせて気軽に飾ることができます。また、付属のスタンドを使用して立てかけたり、背面の穴に紐を通して壁掛けしたりと、多様な飾り方でインテリアに合わせて楽しむことができます。
収納箱 イメージ
集めた"紙モノ"は収納箱に
差替え イメージ
額縁への差し替えも簡単
自立 イメージ
付属のスタンドで自立
壁掛け イメージ
壁掛けも可能
部屋のインテリアや飾るスペースに合わせて選べるサイズ・色展開
インテリアや飾るスペースによって、自由にサイズや色を選んで組み合わせることができます。
インテリア イメージ1
インテリア イメージ2
陶磁器デザイナー 石原亮太氏による「アートカード」付き
陶磁器デザイナーの石原亮太氏にが制作したオリジナルの陶器板をモチーフにした「アートカード」が1枚付属しています。陶磁器の質感や手作りの温かみを生かしたデザインで、そのまま飾ることができます。

製品仕様

品名 品番 サイズ 内容 価格
hacobuchi(ハコブチ)
Sサイズ
4212 額縁収納サイズ:約 H148×W105mm(A6・ポストカード)
本体外寸:H168×W125×D23mm
ベージュ
グレー
ブラック
紙製 箱型額縁
PP製スタンド 1個
アートカード 1枚
¥750+消費税
hacobuchi(ハコブチ)
Mサイズ
4214 額縁収納サイズ:約 H200×D200mm(スクエア)
本体外寸:H230×D230×D23mm
¥1,000+消費税
hacobuchi(ハコブチ)
Lサイズ
4216 額縁収納サイズ:約 H297×W210mm(A4)
本体外寸:H327×W240×D23mm
¥1,350+消費税