筆圧に応じたなめらかな書き心地で、ノートとPDFドキュメントを大量保存できる

デジタルノート「フリーノ」でクラウドファンディングを活用

株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、デジタルならではの機能性で、文房具としての温かみを残しながら「書く」ことの良さを追求したデジタルノート「フリーノ」の市場導入にあたり、株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎)が運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」を利用したプロジェクトを、2019 年12月4日(水)より開始します。

フリーノ

「フリーノ」は筆圧検知により、紙に書いたようななめらかな書き心地のデジタルノートです。本体にはノート、ドキュメント、カレンダー機能を備え、約13,000ページのノートと約2,000ファイルのPDFドキュメントが保存できます。画面には6.8インチの電子ペーパーディスプレイを採用するほか、フロントライトを搭載しているので暗い場所でも使用できます。また、保存したデータはUSBケーブル、microSDに加え、無線LANを内蔵しているため、オンラインストレージサービスのDropboxと連携ができます。本体カラーは日常に溶け込むナチュラルなマットベージュを採用し、本プロジェクトでは専用カバーをセットでお届けします。

今回のクラウドファンディングは市場導入に先立ち、製品の受容性確認や日本国内におけるデジタル ノート情報の収集、及びユーザーに対するコミュニケーション手段の1 つとして実施いたします。

プロジェクト概要

プロジェクト名 思うがままに、好きなだけこの1冊に。デジタルノートFreno(フリーノ)
プロジェクトページ https://www.makuake.com/project/freno/
実施期間 2019年12月4日(水)~2020年2月28日(金)

製品特長

電子ペーパーディスプレイと4,096段階の筆圧検知で、紙に書いたような書き心地
画面にはE Ink社の電子ペーパーディスプレイを採用し、紙のようにくっきりとした表示が可能です。また、ワコム製のデジタイザとデジタルペンにより4,096段階の筆圧検知ができ、紙にペンで書いたようなスムーズな書き心地を実現しました。


約13,000ページのノートと約2,000ファイルのPDFドキュメントの保存が可能
1台で約13,000ページのノートと約2,000ファイル(1MB/ファイル)のPDFドキュメントの保存が可能です。様々なノートやドキュメントを「フリーノ」1台に集約でき、複数のノートを使い分ける必要がなくなります。また、タイトルやタグで検索することで、必要なノートを見つけることができます。


フロントライト搭載で様々な場所で使用可能
画面にはフロントライトを搭載し、明るさと色温度の調整ができます。室内での使用はもちろん、暗い場所や屋外でもノートを取ることができます。


用途によって選べる12種類のフォーマット
ノートは横罫、TO DOリスト、方眼、デイリーなど、計12種類のフォーマットから選択できます。また、既存のフォーマット以外に4種類のフォーマットを自由に追加可能です。


PDFドキュメントの閲覧・書き込みが可能
ノートだけでなく、PDFドキュメントの閲覧やデジタルペンでの書き込みも可能です。また、データ連携方法はUSBケーブル、microSDに加え、オンラインストレージサービスのDropboxも選択できます。


カレンダーとノートの紐づけが可能
カレンダーにはメモの書き込みや、日付に紐づいたノートを作成することができます。また、専用カバーを使って本体をスタンドさせることで、卓上カレンダーのように使用することもできます。

文房具らしさを表現した本体色と専用カバー
本体色にはマットベージュを採用し、ナチュラルでマットな質感にしました。また、「フリーノ」専用カバーはウォッシャブルクラフトペーパーを使用し、使うほどに馴染む経年変化が楽しめます。カラーはブラウン、グレー、ブラックの3色です。

製品概要

  • 製品の概要は予告なく変更される場合があります。
製品名 デジタルノート「フリーノ」
予定価格 オープン価格
発売予定時期 2020年5月頃

「Makuake(マクアケ)」について

実行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集する株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイトです。賛同してくれたサポーター(資金提供者)に対して、それぞれが提供した資金額に従いプレミアムなモノやサービスを返し、プロジェクト自体の実施を決定します。


公式HP:https://www.makuake.com/