「TEPRA Print-SDK」の活用事例(4)

GMOクラウド株式会社 iOS/Androidアプリ『hakaru.ai(ハカルエーアイ) by GMO』

  • hakaru.aiとは
    多くの製造現場やビル管理において、日々行われているさまざまなメーターの点検業務。メーターを一つずつ目視で確認し、手書きで数値を台帳に記載、パソコンでその数値をデータ入力する…といった一連の業務を、スマートフォンのカメラ機能を使って効率化します。「hakaru.ai(ハカルエーアイ)byGMO」は、現場の点検業務をAI(人工知能)で効率化するサービスです。
  • hakaru.aiでできること
    • スマートフォンでメーターをパシャリと撮影するだけ。画像をAIで解析して、数値データをWeb台帳に自動で記入できます。
    • 対応メーターは、アナログ・デジタル・回転式(5桁タイプ)など種類も豊富。古いメーターでも読み取り可能です。
    • ご利用時にはまず個々のメーターを認識するQRコードを作成し、プリントして貼るだけ。「テプラ」PRO SR5500Pと連携することで手軽にQRコードを印刷できます。
    • 大規模な設備投資が不要で、現場の稼働を停止させずに導入することが可能です。
    • 異常値を検出したら管理者や担当者にアラートを通知。点検作業時に現場で感じたことをメモする機能も備えています。

対象機種は、「テプラ」PRO SR5500Pです。

「hakaru.ai byGMO」の仕様、動作環境等については、こちらでご確認ください。