menu
1

各部の名称

「トレネ」本体

LED

「トレネ」本体の状態に応じて
緑(スタンバイ)、
オレンジ(見守り)、
赤(アラーム)に点灯します。

microUSB 電源ポート

「トレネ」本体を充電します。

充電ランプ

充電中、接地面を赤色に
照らします。

ストラップ穴

主電源スイッチ

1週間以上使用しない時
以外は、常にONの状態で
問題ございません。

電源ボタン

電源のON/OFF、
バッテリーやペアリングの
状態が確認できます。

ゴム足

同梱品

アタッチメント

アタッチメント

アタッチメント用両面テープ

アタッチメント用両面テープ

ストラップ

ストラップ

2

充電のしかた

主電源スイッチを目印(●)がある方
向にスライドさせONにする。
USB ケーブルを「トレネ」本体のmicroUSB 充電ポートに差し込む
USBケーブルの反対側をパソコンなどのUSB
ポートに接続する。
充電ランプが点灯し、充電が始まります。
充電が完了すると、充電ランプが消灯します。
※USB ケーブルを接続し、すぐ充電ランプが消え
る場合は充電が完了しています。
充電が完了したらUSBケーブルを外す
主電源スイッチをON にしないと、充電が開始されず充電ランプも点灯しません。必ず主電源スイッチをONにしてから充電をしてください。
常にONの状態で使用できます。1週間以上使用しない時はOFFにします。
3

トレネの始め方

1.まずはアプリをダウンロード

ご使用のスマートフォンで専用アプリ「TRENE」(無料)をダウンロードします。App Store またはGoogle Play よりダウンロードしてください。
※必ず事前に動作確認情報をご確認ください。
iOSアプリダウンロード
Android版アプリダウンロード

2.アプリを起動

アプリを初めて起動すると、接続までのチュートリアルが表示されます。
画面の表示に従い、接続の準備をします。
PREV
NEXT

3.「トレネ」本体の電源をON

「トレネ」本体の電源を入れて設定しましょう。

電源の入れ方

電源ボタンを2秒長押しする。
電源がONになるとLEDが緑色に約1秒間点灯します。その後、LEDは消灯
しますが、電源は入った状態です。

LEDが赤色に点滅を繰り返す、またはLEDが点灯しない場合は充電が必要です。初めてお使いになる場合は、主電源スイッチをONにして十分に充電をしてください。

4.スマートフォンとの接続(ペアリング)設定

チュートリアルの最後の「設定する」ボタンをタップして「トレネ」本体を検索し始めます。
スマートフォンのBluetooth機能がONになっていないと「トレネ」本体とペアリングできません。
「トレネ」をご利用になられる場合は、
スマートフォンの「設定」 > 「Bluetooth」 > ONに設定 と設定をおこなってください。

5.初期設定する

アプリからの検索で「トレネ」本体が見つかると、初期設定が始まります。

距離設定

スマートフォンと「トレネ」の距離が離れた際、見守りを開始する距離を決定します。
自動設定
実際の距離から自動で設定します。
スマートフォンを持って「トレネ」本体から離れて動作する距離を自動で設定します。スマートフォンと「トレネ」の距離を実際に離し、使用される環境を想定し適切な距離を設定してください。
マニュアル設定
5段階のマニュアルで距離を設定します。
スマートフォンを持って「トレネ」本体から離れて動作する距離を自動で設定します。スマートフォンと「トレネ」の距離を実際に離し、使用される環境を想定し適切な距離を設定してください。
PREV
NEXT
※距離は目安です。お使いのスマートフォンの性能や電波・障害物などの影響により異なります。

動き設定

アラームが作動する動きのレベルを3段階で設定します。
実際に「トレネ」本体を動かして確認してください。アイコンが赤くなれば設定したレベルで正しくアラームが作動します。
※推奨はレベル2です。
※誤動作が多い場合や環境が変化する場合はレベルを変更してみてください。
ここで初期設定は完了です。
詳細設定
詳細設定をする場合は「詳細設定」をタップしてください。アラームの音量や、LEDの光のパターンを設定できます。
スタンバイ
デフォルトの設定ですぐにお使いになる場合はこのまま「スタンバイ」をタップしてください。
4

操作方法

【設定】
「トレネ」の詳細設定をします。初期設定の内容も変更できます。
【登録】
「トレネ」本体の追加登録がおこなえます。
本体の名前が表示されます。(詳細設定から変更できます)
設定した「トレネ」本体のLEDを点灯させます。
memoスタンバイ状態でのみ使用可能です。
現在の「トレネ」本体の状態が確認できます。
現在の「トレネ」本体との電波強度が確認できます。
現在の「トレネ」本体のバッテリー残量が確認できます。20%以下になると赤くなります。また、「トレネ」本体のLEDが赤に定期的に点滅します。「トレネ」本体を充電してください。
【ゴミ箱】
設定した「トレネ」本体の情報を削除します。
memo「トレネ」が“見つかりません”の状態でのみ使用可能です。スタンバイ状態、見守り状態、アラーム状態では削除できません。
※「トレネ」の最大同時接続数はこちらをご確認ください。

「トレネ」本体の状態について

スタンバイ:「トレネ」と接続したスマートフォン近くにある時。「トレネ」は動きを感知してもアラームは動作しません。
見守り中/アラーム:「トレネ」と接続したスマートフォンが設定した距離より遠くにある時。アラームが動作している時。
見つかりません:接続したことのある「トレネ」本体の電源が切れているかバッテリーがない時。スマートフォンのBluetooth機能がOFFになっている時。
PREV
NEXT

詳細設定画面

基本設定

名前
:本体の名前を変更できます。
    ※文字数最大16文字まで
距離
:初期設定で設定した距離設定を変更できます。
動き
:初期設定で設定した動き設定を変更できます。

アラーム

スマートフォンを持って「トレネ」本体から離れ、「トレネ」本体が動きを検知した際の反応を設定します。
音量
:アラーム時の「大」「中」「小」の3段階、または「なし」が設定できます。
※音量確認がONになっていると、実際の音量を確認できます。
LEDパターン
:アラーム時のLEDパターンを4パターン、または「なし」から設定できます。

見守り

スタンバイ

定期的にLEDを点滅
:それぞれ、ONにすると状態が確認できます。

詳細設定

アラームの停止方法
:アラームを停止する方法を選択できます。いずれかをONにしないと設定が完了できません。
再接近で停止
:アラーム中にスマートフォンが「トレネ」に近づくと、自動的にアラームを停止します。
電源ボタンで停止
:電源ボタンを長押ししてアラームを停止します。
アラーム自動停止
:アラーム開始から60秒後に自動でアラームを停止します。
※アラーム中に動きを検知、または停止後再び動きを検知した場合、アラームは停止しません。
オートスリープ
:スタンバイ状態で設定時間を経過すると自動的に「トレネ」本体の電源がOFFになります。
※「トレネ」本体がスタンバイ状態から変化した場合、それまでの経過時間はリセットされ、オートスリープは効きません。
5

「トレネ」の使用を終える

「トレネ」の使用を終える時は、「トレネ」本体の電源ボタンを2 秒間長押しして電源をOFF にします。1週間以上使用しない時は、バッテリーの放電を防ぐため主電源スイッチをOFFにしてください。
「トレネ」本体の電源ボタンを短く1 回押した時、LED が光らなければ電源がOFF になっています。
6

電源ボタンの操作・LEDの状態

電源ボタンを押すことで、電源を入れたり接続状態を確認することができます。

電源ON:電源ボタンを2秒間長押し

・LEDが緑に約1秒間点灯します。その後、LEDはゆっくり消灯しますが、電源は入った状態です。
・LEDが赤色に点滅を繰り返す、またはLEDが点灯しない場合は充電が必要です。

電源OFF:電源ボタンを2秒間長押し

・LEDが緑に約1秒間点灯します。その後、LEDはすぐに消灯します。
・電源ボタンを1度押してLEDが点灯しなければ電源OFFになっています。

電源状態:電源ボタンを1回押す

バッテリー残量がLEDの色で確認できます。
・緑:20%以上

「TRENE」アプリにペアリングしている場合は、アプリ画面にバッテリー残量が表示されています。 バッテリー残量が少なくなると、「トレネ」本体のLEDが赤に定期的に点滅します。

ペアリング状態確認:電源ボタンを短く2回押す(ダブルクリック)

・オレンジのLEDが一度点灯した場合 : 「TRENE」アプリを起動している端末に接続しています。
・緑とオレンジが交互に点滅した場合 : 「TRENE」アプリを起動しているどの端末にも接続していません。

7

アタッチメントの使用方法

「トレネ」には、アタッチメント、アタッチメント用両面テープ、ストラップを付属しています。

アタッチメント

アタッチメント

アタッチメント用両面テープ

アタッチメント用両面テープ

ストラップ

ストラップ

「トレネ」本体を設置する際、より強固に固定することができます。
以下の方法でアタッチメントを取り付けてください。
アタッチメントの底面と設置したいものの表面をキレイに拭く。
※水分、油分、ホコリ、汚れなどあると、貼りつけることができません。
アタッチメントにアタッチメント用両面テープを片面剥がし貼りつける。
ストラップの中央パーツを外す。
分けたストラップのパーツを「トレネ」本体、アタッチメントにそれぞれ取り付ける。
アタッチメントに貼りつけた両面テープを剥がし、設置したいものに固定する。接着力が安定するまで(約1日)は、無理に剥がしたりしないでください。
PREV
NEXT
【注意】 この粘着テープは貼り直しができません。貼りつけの際は十分にご注意ください。取りはずしの際は、市販のテープ剥がし剤などを使用して取りはずしてください。アタッチメントおよび設置物にキズやノリ跡が残るおそれがあります。ご了承ください。
Goto Menu