2017年10月11日

離席の際に、"持ち物を見守る"デジタルツール
モニタリングアラーム「トレネ」でクラウドファンディングを活用

 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、一人での離席の際に、荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」を開発。市場導入にあたり、株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎)が運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」を利用したプロジェクトを、2017年10月11日(水)より開始します。
 クラウドファンディングを活用したプロジェクトは、当社としては初の試みです。当社ではクラウドファンディングを、新規概念商品の市場受容性の確認及びユーザーに対するコミュニケーション手段の1つとして活用いたします。


「トレネ」|KINGJIM

高解像度画像リンクボタン


 モニタリングアラーム「トレネ」は、カフェなどの外出先で荷物を置いたまま離席するときに、スマートフォンと連携して荷物の"見守り"をしてくれるデジタルツールです。
 スマートフォンと「トレネ」を専用アプリで連携させ、荷物の上に「トレネ」を置きます。スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、荷物を動かそうとして「トレネ」に振動が加わると、警告のアラームが鳴ります。スマートフォンを持って「トレネ」に近づくと自動的に警戒状態が解除され、この時に「トレネ」に振動が加わっても、アラームが鳴ることはありません。
 「トレネ」は日常生活のちょっとした不安を解消するデジタルツールとして、スマートな生活をサポートします。

プロジェクト概要

プロジェクト名 一人での外出をもっと快適に!
荷物を見守る小さなパートナー「TRENE(トレネ)」
プロジェクトページ https://www.makuake.com/project/trene/
期間 2017年10月11日(水) ~ 2018年1月10日(水)

企画背景

一人で外出した時、トイレや急な電話で荷物を置いて席を離れなければならず、荷物がとられていないか心配になる…といった体験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。 荷物をきちんと見守ってくれる『パートナー』のような存在のツールがあればいいのに、という思いから生まれたのが「トレネ」です。
カフェや空港のラウンジ、セミナー会場など、日常のちょっとした場面で「トレネ」は活躍します。
急に席を離れるときに慌てる必要がなくなり、ストレスと時間的ロスをなくし、スマートなライフスタイルを提供します。

製品特長

  • 荷物に振動が加わると、アラームでお知らせ

    離席中に荷物が動かされ、「トレネ」本体に振動が加わると、異常を察知して、アラームとLEDで周りにお知らせをします。


  • スマートフォンとの連携で、離席したかを自動で判断

    お手持ちのスマートフォンと「トレネ」を、Bluetoothでペアリングし、大切な荷物に「トレネ」を置くだけで準備は完了です。
    スマートフォンを持って席を離れると、Bluetooth通信が切断され、「トレネ」が自動的に見守りを開始します。席を離れるたびに「トレネ」の電源を入れ直すなど、煩わしい操作は一切必要ありません。
    席に戻ってくると「トレネ」とお手持ちのスマートフォンが再び通信をして、見守りは自動的に終了します。もしも席にいるときに「トレネ」に振動が加わっても、センサーは反応せず、アラームは鳴りません。

製品仕様

製品名 モニタリングアラーム「トレネ」
予定価格 \6,800 +消費税
発売予定時期 2018年2月下旬頃
対応予定OS iOS 10以降

製品の仕様は予告なく変更される場合があります。

「Makuake(マクアケ)」について

実行者のアイディアに賛同してくれる支援者を募集する株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイトです。賛同してくれたサポーター(資金提供者)に対して、それぞれが提供した資金額に従いプレミアムなモノやサービスを返したり、プロジェクト自体の実施を決定します。