2017年9月5日

「紙資料の持ち歩き方に関する調査」を実施
~持ち歩きに困っているものNo.1は、「書類/紙の資料」~

 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は、書類をコンパクトに持ち運べる、書類を閲覧しやすい、といった機能を持つファイルなど、生活の中で役立つ文房具を多数開発・販売しています。このたび、日頃から紙資料を持ち歩いている20~49歳の男女、計400名を対象に、「紙資料の持ち歩き方に関する調査」を実施いたしました。

◆調査期間:2017年6月16日~19日 ◆調査対象:20~49歳 男女 400名 ◆調査方法:インターネット
コンパック_imageFLATTY_image

調査結果トピックス

  • 持ち歩きの際に収納に困っているものとして、約4分の1の人が「書類/紙の資料」と回答!
  • 持ち歩く紙資料は、「仕事や学業で使うA4サイズなどの印刷物や配布資料」が最多。
  • 資料を収納しているグッズとして、81.2%の人が「クリアーホルダー/クリアーファイル」を使用している一方で、「クリアーファイルなどに入れても書類をキレイな状態に保てない」と回答した人が41.3%に上る。
  • 95.9%の人が「必要な荷物をなるべくコンパクトにまとめたい」と回答。 収納グッズに求めるのは「適度な大きさ」と「丈夫な素材」。

持ち歩きに困っているものNo.1は、「書類/紙の資料」

「日頃持ち歩いているものの中で、収納に困っているもの」」を聞いたところ、「書類/紙の資料」が24.9%で最多となりました。そのほか、「折りたたみ傘」や「水筒」など大きくかさばる物や、「スマートフォン/携帯電話」、「モバイルバッテリー/充電池」といった、通信機器周辺があがりました。

文房具に関する意識調査_1

よく持ち歩くのは書類の定番である「A4サイズ」。しかし、カバンに入らない!?

 「どのような書類を持ち歩いているか」を尋ねたところ、「仕事や学業で使うA4サイズなどの印刷物や配布資料」が81.8%と最多で、書類の定番であるA4サイズの書類を持ち歩いている人が多いことが分かりました。
 一方で、「書類や紙の資料を持ち歩く上で困っていること」では、41.6%の人が「A4サイズ以上の書類だとカバンへの出し入れがしづらい」と回答。自由回答でも、「A4サイズをきれいに持ち運ぶことが優先され、小さなサイズの可愛いバッグが持てない。(40代・女性)」、「A4サイズ以上のカバンでないと収納に困る(30代・男性)」「ファイルの中に書類を入れても、かばんの形状によって、書類の端が折れたりする。(30代・女性)」といった回答が集まり、カバンの大きさと書類のサイズで苦労していることがうかがえます。

紙資料の持ち歩きに関する調査_2

人気の「クリアーホルダー/クリアーファイル」は持ち歩きの際に不満も

「書類を持ち歩くときに使っている整理・収納グッズ」を尋ねたところ、81.2%の人が「クリアーホルダー/クリアーファイル」を使用していることが分かりました。安価で、手に入りやすいことや、「中の見えるクリアーホルダーが使いやすい。(30代・女性)」など、どのような書類を収納したか、すぐにわかるため多く使用されていることがうかがえます。
 一方で、「書類を持ち歩く上で困っていること」として、「クリアーホルダーなどに入れても書類をキレイな状態に保てない」と回答した人が41.3%に上りました。「クリアーホルダー自体に強度がなく、結局書類の端などがシワになる。(20代・女性)」「分類ができないので案件別にクリアーホルダーを持ち歩かないと行けない。(40代・男性)」「クリアホルダーの識別が難しい(40代・男性)」といった意見もありました。

「適度な大きさ」と「丈夫な素材」の収納グッズに注目!

「理想的な荷物の持ち運び」について聞いたところ、「必要な荷物をなるべくコンパクトにまとめたい」と回答した人が95.9%、「かばん(バッグ)の中をキレイに整理する」と回答した人が95.3%でした。
「書類/紙の資料を収納する商品に、どのような機能(特長)があれば良いか」を聞いたところ、「カバンに常備できる大きさで、不意にもらった書類の保管にも困らない」(48.5%)、「丈夫な素材を使用していて、収納した書類をしっかりガードできる」(35.5%)でした。

また、自由回答では、「クリアホルダーが多くなりすぎて、書類が紛れてしまったり、ほしい書類がすぐに出しづらい。(20代・女性)」、「コンパクトサイズのものが少ない(40代・男性)」「どこに何があるかすぐに見つけれない。(20代・男性)」といった意見がありました。

 

参考資料

 キングジムでは、さまざまな機能を持ったファイル類を多数開発・販売しています。その中でも特に、カバンの中の整理・収納に役立つファイル類をご紹介します。

  • 書類を二つ折りにしてコンパクトに持ち運べる!
    二つ折りクリアーファイル「コンパック」

    二つ折りクリアーファイル「コンパック」_イメージ|KINGJIM

    持ち運ぶ時や収納する時は半分に折ってコンパクトにでき、開くと通常のクリアーファイルと同様にポケットに入った書類をめくって閲覧できる、二つ折りクリアーファイル。 A4の資料をコンパクトに持ち運べるため、小さいカバンでも出し入れがしやすいのが特長です。


  • 芯材入りで、大切な書類もしっかりガード。小物の整理収納にも最適!
    かさばらないバッグインバッグ「フラッティ」

    かさばらないバッグインバッグ「フラッティ」_イメージ|KINGJIM

    芯材入りで丈夫な作りの軽量・コンパクトなバッグインバッグです。 カバンの中で散らかりがちな小物の収納はもちろん、書類を収納しても、しっかりと保護しながら持ち運ぶことができます。 A4のクリアーホルダーごと収納できるA4サイズのほか、A5サイズや封筒サイズなど、サイズ展開も豊富です。
    (2017年10月13日発売予定)


  • 折り目をつけたくない書類には、通常の約3倍の厚みの丈夫なファイルを!
    「スーパーハードホルダー」

    スーパーハードホルダー_イメージ|KINGJIM

    通常のクリアーホルダーの約3倍の厚みがあり、カバンの中でも曲がらず、大切な書類をしっかり守ることのできるホルダーです。インデックスがついているタイプもあり、複数の書類を分類して持ち歩くことも可能です。