「KITTA」は高木学園女子高等学校と 株式会社キングジムとのコラボ商品です。

キングジムでは、新しい価値を持った女性向けの文房具を開発するため、日頃から文房具を使用している高木学園女子高等学校の生徒のみなさんとの共同開発をスタートしました。
テーマは、「今までにない新しい文房具」。ノート、ファイルなど、商品のカテゴリーは一切指定なし。
枠にとらわれない自由な発想で、“今までにない文房具”を考えていきます。

KITTAができるまで

  1. 2015 1月-2月 商品のアイデアを練る

    まずは、新しい商品のアイデアを練るために、「普段使っている文房具の不満点」について話し合ってもらいました。これらの不満を解消するためにはどうしたらいいかを考え、1人1案ずつ商品のアイデアを考えて発表し、たくさんのアイデアをみながら意見交換を行ったり、キングジムの開発社員からのアドバイスを受けながら、3つの案に絞って、より具体的にアイデアを深めていくことになりました。

  2. 2015 3月-5月 市場調査を行い、アイデアをブラッシュアップ

    前回の話し合いで残った3つの案ごとにチームに分かれて、どんな色がほしいか?どこが特長か?価格はどのくらいがいいか?といった、商品の詳細を決めていきました。店頭でたくさんの商品を見て市場調査を行ったり、校内でアンケートをすることで、自分たちの意見だけでなく、「より売れるためにはどうしたらいいか?」まで考えてもらいました。

  3. 2015 6月-7月 商品化するアイデアが決定!

    調査やアンケートをもとに、より具体的にしたアイデアを開発社員の前でプレゼンしました。3つのアイデアの中から最終的に、「KITTA」の原案となるアイデアを採用することが決定!
    キングジムの開発会議でも承認され、より具体的な商品の特長を決めることになりました。

  4. 2015 8月-10月 商品のデザインを考える

    どのような柄のマスキングテープがあったら使いやすいのかを思い思いに考えてもらいました。生徒の皆さんから出たアイデアをもとに、デザイナーが図案を起こし、色味や柄について意見をもらいながら調整しました。文化祭での投票なども行い、最終的に商品化する柄を決定。KITTAのラインアップのうち、目玉焼きや牛乳をイメージした「アサゴハン」や、女子高生の間でブームの“夢かわいい”をテーマにした「ユメ」、原稿用紙などをモチーフにした「フレーム」などは、女子高生ならではの感性を最大限に生かした柄となっています。

  5. 2015-2016 11月-1月 PRに関する講義・HPを考える

    商品をより知っていただくために重要なPRについて、キングジムの社員から講義を行いました。特に商品の特長を伝えるのに大切なホームページについて、他社商品のホームページなどを研究しながら、どのようなホームページにすればKITTAの魅力が伝わるのかを考えました。

  6. 2016 5月 KITTA発表!

    • アサゴハン
    • ユメ
    • フレーム

    こんなカタチになりました!

女子高生が考えるKITTAの使い方

「KITTA」商品ページへ

毎日を、わたしらしく。女子文具