座談会

新入社員座談会~同期だからこそできる本音トーク~

社員座談会へ

質問

Q.まず初めに。同期のメンバーはどんな人たちですか?

明るい人が多いイメージです。メーカーなので、真面目でおとなしいのかなと思ったけど、そんなこと全然なかったなぁ。笑わせることが好きな人が多いよね。
そうだね。とにかくみんな面白い!(笑)あと、ここまで付き合ってみて分かったけど、みんな個性的だよね。すごく好みがわかれている。
うん、僕も同期はすごく個性的だと思う。自分にはない趣味とか価値観とかを持っている人もたくさんいて、一緒にいて飽きないね。廃墟が好きな人とか…正直、なかなか出会えないでしょ!(笑)
みんな個性的だけじゃなくて、協調性もあるよね。なので一緒にいて楽しいし、何より居心地が良い。

Q.同期の仲は?

仲良しです!同期で旅行とかよく行ってますし。まだ全員揃ってないけど…。
揃ってないんかい!(笑)
でも今度、同期全員で地方配属になった同期の元に遊びに行くけど、
それには全員で行けそうだよね。
全員揃うのは嬉しいね。同期との関係は大切にしたいし。
旅行とは別ですけど、結構同期でのSNSも盛んだよね。みんな何気ないことを発信してるし。
大学の友達に、同期の話をするとすごく驚かれる。本当仲良しだねって…(笑)。
入社までの間にも、旅行とか飲み会などで集まってたからかな。
キングジムの同期は人数が多くない分、気の合う人が集まるのかなって、先輩方や自分たちを見て思うなぁ。

Q.そもそもキングジムに決めた理由は?

私は「人が良い」ということ。人事の方は、私が受けた企業の中で1番じっくりと、そして真剣に話を聞いてくれたし。その結果、面接で1番ありのままの自分になれたのがキングジム。「どこよりも素になれたここで働きたい!」と強く思いましたね。
僕も似ているかな。人事の方の、内定後のフォローがとても手厚かったんです。内定後にすぐ人事の方に面談に呼ばれて、自分の悩みや迷いを聞いてくれたのは大きかったなぁ。まだ聞き足りないと正直に言うと、社員の方との面談も設定してくれたし。その時に、「俺、必要とされてるんだ!」なんて思っちゃいましたね。
僕は単純に、キングジムの作っている商品が好きだったということ。特にデジタル文具はユニークで、僕にとっては本当に魅力的だったんです。だからその一員になれた時は、本当に嬉しくて仕方なかったですよ!

Q.もうすぐ入社して半年。キングジムのイメージはどうなりました?

入社前と変わらないなー。あ、もちろん良い意味で!(笑)人事や社員の方とお話した時に感じた、温かくてアットホームなイメージのままですね。みんなもそれは変わらないんじゃない?
そうだね。
変わった所を挙げるとすると、思った以上に先輩との距離が近いんだなと思った。すごく意見が言いやすい環境だなぁって。
僕は入社前、キングジムはメディアの露出も多い会社だし、余裕で構えているのかなと思ってたけど、実際は全然違った。商品が売れるために様々な工夫を全員がしている事を知り、本当に驚いたよ。ヒット商品のための貪欲さが、半端じゃないよね!
僕は、若手にチャレンジさせてくれる土台があるということを、入社前より強く感じるようになったなぁ。実は僕、全国展開している大手雑貨店担当に9月からなったんだけど、入社1年目で会社の伝統ある取引先を任せてもらうってすごい会社だなって思った。不安もあるけどやっぱり気合いが入るよね。若手に大きな仕事を任してもらえるのは、キングジムの大きな魅力の1つだなって思うよ。
僕が思うのは、会社のブランド力がすごいということ。特に、新規開拓営業を専門にしている僕にとって、業界での知名度が抜群なのは営業するうえで本当に助かってますね。とにかく会社名を言えば話は聞いてもらえる。まぁそこからは自分次第なんだけどね…。(笑)
会社の知名度があるのは私もそう思う。広報の仕事をして分かったけど、キングジムのメディア露出は、依頼を受けて行われることの方が多い。つまり、知名度があるからこそ、メディア露出の依頼が来るわけなので、会社の知名度は業界だけじゃないんだなと、日々感じてるよ。

Q.これまでに悔しかったことは?

やはり開発なので、なかなか良い案を出せない事ですね。商品開発は年次関係なく開発案を提案できますし、実際上司や先輩方から開発案を求めらることも多いですが、その期待に応えられないときは本当に悔しい。もっと頑張らなきゃといつも思います。
そうだよね。私も開発だから、志村くんと同じ思いもあるけど、それ以上に、展示会で商品の説明が上手く出来ないことが悔しいです。自分の担当の商品であれば、ある程度説明が出来るんだけど、それ以外だとしどろもどろになっちゃって…悔しいですね。
僕も商品知識がないことでいつも悔しい思いをしてますね。お客様に聞かれたことに的確に答えられないと、信頼を勝ち取るのは難しいことを痛感してるから。(笑)売り込む商品に関しては、いかにお客様の質問に答えられるか、そこにはかなりこだわってるね。
私は広報という仕事柄、やった仕事がより多くの人の目に触れるので、間違えるとその規模が大きくなります。先輩のチェックで、私の記載ミスが発覚したことが何度かありましたが、もしこのまま出ていたらと考えると、もっと集中して確認しなきゃいけないと強く感じます。露出規模が大きい分、悔しい思いも大きいですが、問題なく業務を遂行できたときの喜びも、より大きいですね。

Q.先輩との関係は?

僕の部署ではいちばん年の近い方で35歳。年齢は離れてますけど、すごく気にかけてもらってますね。みんなの部署もそうだと思うけど、新入社員・若手には、先輩方のフォローが本当に手厚いなって思う。
営業は世代関係なく優しく指導してくれますね。飲み会も遊びも相手してくれる。フットサルチームなんて、私が発起して先輩とチームを作ったんですよ!
へー、なんか楽しそう!
あ、岡本さん(インタビュアー)!参加のメール返してくださいよ!
(爆笑)
私の所属する広報室は、女性が多く、皆さん頼れるお姉さんみたいな存在なので、私は甘えっぱなしですね。(笑)

Q.会社の飲み会はどんな感じ?

僕は営業ですけど、お酒を強要されることがないので、自分のペースでゆっくり飲めて良いです。飲み会も行きたい人で行くというスタンスが多いので、助かってるなぁ。まぁ僕はお酒が好きなので、週4回は会社の人と飲みにいってますけど。(笑)
週4回ってすごいな!(笑)まぁ高尾はお酒が好きだからな。
週4回は考えられないなー。(笑)私は高尾くんとは逆で飲めないけど、飲み会に居づらいと思ったことはないかな。広報室は毎回、すごくオシャレなお店に連れて行ってくれるので、すごくワクワクする!
広報って感じだね!営業は大衆居酒屋とか立ち飲み屋が多いなー。(笑)けど、先輩や上司の方とワイワイ飲めるので、楽しいけどね。
開発は課単位や何人かで飲みに行くケースが多いかな。もちろん部全体で飲み会に行くこともあるけど。
飲み会の雰囲気とは別だけど、そういえば配属してすぐ、課長と2人で飲んだことがあったなぁ。課長が気を遣って声をかけてくれたんだけど、あの時は本当に嬉しかった!

Q.就活生へのアドバイス

やりたい事、好きな事を一本持つこと。それをブレずに持ち続けることはなかなか難しいけれど、しっかりと持ち続けることこそが、就職活動では重要なことだと思いますね。
私は理系出身なので、理系の方にアドバイスを。理系学生は研究が忙しいとか、就活に先生の理解が得られないなど、スムーズに就活できない環境も出てくるかと思います。なので、就活がストレスなく行えるように、周りとの関係も大事にしてほしいなって思いますね。理系の方、頑張ってください!
就活は視野を広げたり、自分を考えたりできる良い機会です。結果以上に、自分を成長させるまたとない機会ですので、どうせやるなら全力で取り組んでほしいと思います。
僕の後輩もそうですけど、結構、「会社の安定」を求める就活生が多い。僕も初めはそうでしたが、就活途中で安定が保証されている会社などないことに気づきました。なので、自分がやりたい事をやれる会社が最終的には1番良いと思います。
早い段階で色々な業界、企業について調べることをお勧めします。たくさんの業界を見てたくさんの仕事について調べれば自ずと、自分にとって必要な勉強・必要な対策がわかるはずですから。諦めず粘り強く頑張ってください。

皆さん、ご協力ありがとうございました。(おわり)

社員座談会へ