ファイリング研究室とは

ファイリング研究室Top > ファイリング研究室とは:サービスの範囲/サービスの特長/サービスの効果

サービスの範囲

ファイリングシステム導入支援
業務の見える化、オフィス環境の改善、情報セキュリティ対策や内部統制対策の一環としての取り組みなど、業務効率向上に役立つファイリングシステム構築をご支援いたします。
  • キングゼミナール お客様自身での構築のために必要な知識やツールをご提供します。
  • コンサルティング 専門知識と技術を持ったコンサルタントがお客様のプロジェクト進行をお手伝いします。
  • 外部倉庫 低コストで簡単・安全に紙文書を保存管理できる「外部倉庫」をご案内します。

ページトップへ戻る

サービスの特長

見える・無理のない・継続できるファイリングです。

わかりやすくビデオでご紹介(再生する)

見える ファイリングシステムには分かりやすさが必要です。シンプルで誰の目にも分かりやすい管理ルールの表示を可能にします。
無理のない オフィスの各人にとって使いやすい、文書のライフサイクルに無理なく当てはまるファイリングをご提案いたします。
継続できる ファイリングシステム運用で、挫折しがちなことは「継続すること」です。お客様自身で継続することが出来る方法をご提供します。

ページトップへ戻る

サービスの効果

業務改善

業務内容に合わせたファイル管理が実現。業務と書類の関係が「見える化」でき、業務改善を実現します。オフィス全員がファイリングできる環境作りが可能になります。

詳しくはこちら

情報セキュリティ

紙文書からの情報漏えいはファイリングで防止。
リスクのある紙文書の特定は、ファイリングそのものです。

詳しくはこちら

業務の証拠、証跡の管理

内部統制の強化で求められる、業務内容を証明するための文書や記録を速やかに参照することが可能になります。

詳しくはこちら

スペース効率化、
オフィス環境改善

オフィスの無駄な紙文書を削減でき、スペース効率が向上します。
不要文書を廃棄して50%削減。保存庫の有効活用でさらに30%削減。

詳しくはこちら

商機を逃さない
顧客からの問い合わせ対応に誰でもが対応できるようになります。
また、業務実施のスピードが向上し、顧客の満足度向上に寄与します。

詳細はこちら

ページトップへ戻る