ニュースリリース

2009.3.10
中国語版「テプラ」のラインアップ拡充

中国市場でパソコン接続専用の
「テプラ」PRO SR3900Cを発売
 株式会社キングジム(本社・東京都千代田区)では、ラベルライター「テプラ」の中国語専用モデルとして、「テプラ」PRO SR3900Cを開発。本年3月より中国国内(限定)での販売を開始する計画です。初年度の販売台数としては、3000台を目標としています。
「テプラ」PRO SR3900C

 ラベルライター「テプラ」は、1988年の発売以来、日本語ラベルライターにおけるパイオニアとして、オフィスやご家庭で様々な用途に幅広くご活用いただいており、シェアNo.1※1の地位を確立しています。2008年には発売開始から20年を迎え、オフィスに定着した電子文具として位置付けられています。
※1 矢野経済研究所調べ。

 このような背景のもと、2007年10月より、巨大市場である中国で中国語版「テプラ」の本格展開を開始しております。中国では、多くの日系企業が工場やオフィスを構え、日本のビジネススタイルが普及していることもあり、「テプラ」ブランドの認知度が高く、大変多くのご好評をいただいております。
 今回発売を予定している、「テプラ」PRO SR3900Cは、中国語専用モデル※2では初となる、パソコン接続専用機です。同梱の編集ソフトを使い、使い慣れたパソコンでのラベル編集が可能です。また、4mm~36mmのテープ幅に対応し、360dpiの高精細な印刷で美しいラベルが作成できます。印刷後に自動でラベルをカットするオートカッターや、ラベルのカドを丸くして、美しくはがれにくいラベルを作るオートトリマーなど、日本国内で培った、オフィスで快適に使用するための機能が充実しています。
※2 日本国内での販売は予定しておりません。

 さらに、「テプラ」PROシリーズでご使用になるテープカートリッジとして、通常のラベルと比較して粘着力が高く、中国市場で評価の高い「強粘着ラベル」の4種※3も同時に発売いたします。
※3 本体同様に「SC24BW,SC24GW,SC24RW,SC36YW」の日本国内での販売は予定しておりません。

ラベルプリンター「テプラ」PRO SR3900C(中国語専用モデル)
本体色
メーカー希望小売価格 2780元(日本円で約41,700円)(※1元=15円換算)
初年度販売目標数量 3000台
発売予定日 2009年3月10日

「テプラ」PROテープカートリッジ 強粘着ラベル
品番 テープ色/文字色 巻長さ 価格(日本円換算)
SC24BW 青/黒 8m 120元(約1,800円)
SC24GW 緑/黒 120元(約1,800円)
SC24RW 赤/黒 120元(約1,800円)
SC36YW 黄/黒 170元(約2,550円)